nihombashi-hamacho’s blog

わが町、日本橋浜町を紹介して行きます。

明治座

日本橋浜町のランドマークです。

 

「銀座歌舞伎座」「新橋演舞場」「お堀端帝劇」などとともに、明治時代から東京を代表する劇場として親しまれてきました。浜町公園の横に立つ浜町センタービルというオフィスビルの低層階に入っていますが、明治座の一角は独特の意匠が施されており、外観からどこが劇場かが直ぐにわかります。

 

劇場の外には現在演じられている題目の垂れ幕が垂らされ、出演中の俳優の名前が書かれたのぼりが立てられています。有名人の名前が連なり、一度観てみたいと思いつつ、なかなか機会がありません。料金がそれなりに高いこともハードルです。

 

1873年(明治6年) に喜昇座(きしょうざ)として創建された明治座は、初期には焼失と再建を繰り返しながら成長し、その度に名称も久松座(ひさまつざ)、千歳座(ちとせざ)と変遷しました。1893年(明治26年)に初代市川左團次が千歳座を買収して座元となり、これを明治座と改称するに及んでやっとその名が落ち着き、今日に至っています。

 

明治座は戦前から戦後昭和の一時期までは、歌舞伎や新派の殿堂として知られました。また、その後は時代劇公演や、時代劇俳優や演歌歌手、ものまね芸人など年配に好まれる芸能人が座長となった歌謡ショー形態の公演(座長公演)が中心となりました。2000年代に入るとテレビ局との提携による時代劇や観劇者の世代を引き下げたミュージカル形態の公演もおこなわれるようになりました。舞台設備には、宙乗り装置も常備されています。各階のロビーには所蔵絵画が多数展示されており、美術館のような雰囲気を醸し出しているようです。

 

公演方式は他の劇場とは異なり、30分程度の幕間(休憩時間)を2回挟みます。劇場内に大人数に対応した食堂や喫茶コーナーがあり、休憩時間を利用して客を誘導するシステムとなっています(食堂は一部事前予約制)。飲食店のほかにもロビーには売店が多数あり、公演にちなんだ土産品や衣料品雑貨などを販売しています。

 

建物3階(劇場1階席)受付にてオペラグラスの貸出(有料)を行っており、貸出料は一律500円。保証料は一般的なオペラグラスは2000円、高機能なカブキグラスでは5000円。

 

観客には比較的高齢者が多いので、上演が終わると都営地下鉄新宿線浜町駅人形町の甘酒横丁に裕福層で元気なお年寄りがあふれ、ほほえましい光景を醸し出してくれる。また、近隣商店街への経済的効果をもたらしているものと思われます。