nihombashi-hamacho’s blog

わが町、日本橋浜町を紹介して行きます。

日本橋浜町の歴史

東京都中央区日本橋浜町

 

ランドマークとしては明治座のある町と言ったらわかり易いと思います。浜町公園、浜町緑道には緑が多く、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

 

日本橋浜町界隈は、3度その姿を大きく変えています。
江戸時代の浜町はサムライの町で、広い敷地をもつ大名屋敷や蔵屋敷などが立ち並んでいました。現在の日本橋久松町の一部には商家もありましたが、刀や脇差を売る店が多かったそうです。すぐ近くの人形町が職人たちの暮らす賑やかな下町だったのとは対照的に、庶民には縁遠い閑静なたたずまいの町だったと思われます。浜町にあった笠間藩の屋敷のなかには、幕府の大判小判を蓄えた蔵があったと言われていますが、多分、最高機密だったのでしょう、屋敷のどこに蔵があったか、正確な場所はいまもわからずじまいです。


徳川幕府の終焉とともに、浜町界隈は一変しました。1871年に、約260年つづいた幕藩体制が廃止され、大名屋敷の土地は民間に払い下げられました。その跡地に建てられたのが、格式ある料亭や飲食店。裕福な商人が芸者さんとお座敷遊びをする、華やかな料亭文化がこの地で開くことになったのです。

 

1972年に埋め立てられるまで、日本橋浜町日本橋人形町との間には浜町川という堀割があり、隅田川遊覧の起点として賑わったと言います。1930年代の流行り歌に「浮いた 浮いたの 浜町河岸に」と唄われたように、粋で華やかな町として全国的にも有名で、最盛期には250人以上の芸者さんがおり、100軒近い料亭があったそうです。ちなみに、当時芳町といわれたこの町の芸者さんは、「粋でおきゃんで芸がたつ」ともてはやされ、著名人や旦那衆といわれた富裕な商店主のご贔屓も多かったとか。日本の女優第一号になった貞奴も、芳町出身の芸者でした。
1977年の町名改正で芳町の名前は消え、旦那衆も芸者さんも料亭も次第に姿を消していきました。現在、料亭で残っているのは創業100年を迎えた老舗の「濱田屋」のみですが、芸者さんは10数人残っているそうです。

 

浜町界隈は、1923年の関東大震災で大きな被害を受けましたが、震災後、清洲橋から浅草橋に至る幅33mの大通り・清洲橋通りが建設され、下町自慢の通りとなりました。隅田川に沿った広々とした浜町公園は、中央区で一番大きな公園。熊本の大名細川家の屋敷跡を、1929年に整備・開放したもので、散策に運動に大江戸まつりなどイベントの会場にと、地域の人びとに親しまれています。