nihombashi-hamacho’s blog

わが町、日本橋浜町を紹介して行きます。

人形町 玉ひで

とろとろの卵がなんとも美味しい、親子丼の名店。時には1時間以上も並ばなければならい大行列店です。その名は既に全国区、人形町を代表する名店です。

 

250年以上の歴史を持ちます。創業1760年( 宝暦10年*1鷹匠(おたかじょう)として幕府に仕えていた山田鐵右衞門(てつえもん)と妻のたまが興した軍鶏料理専門店が玉ひでのはじまりだそうです。もともとは大名から注文があった時だけ料理を提供していたのだとか。【軍鶏鍋】は、 日本の「すきやき」の原型である軍鶏鍋(しゃもなべ)は 7代目が東京都と共同で開発した「東京軍鶏」を使用、契約農場直送の新鮮な東京軍鶏を、御鷹匠仕事の包丁さばきで 江戸前の風味を生かした割下で炊き上げます。伝統の味の軍鶏鍋をどうぞお愉しみ下さいませ。 【親子丼】は、また軍鶏鍋の残りの割下に卵をとじる召し上がり方にヒントを得て明治24年頃五代目妻女が創案したのが親子丼です。以来親子丼発祥の店としても名を馳せています。

 

地下鉄東京メトロ人形町駅A2出口直ぐ。出口からすぐそばの交差点に立ってあたりを見回し、行列が目に入れば、そこが玉ひでです。

 

私は1回だけ両親と行きました。外で行列を終えると、中に入ると小さな行列がありました。まあ、ここは仕方なし。下足番がいて靴を脱ぐ仕組みはさすが。こういう昔風のやり方は今となっては奥ゆかしく非常に好感が持てます。下足を脱ぎ、靴交換の番号札を貰います。

そして、楽しいことにお会計窓口でお金を払うのです。これも「お次の方ぁー。」と声をかけられお金を払います。なかなか悪くありません。こたらは番号札などはないのだが、案内順が決まっているので間違える事はなさそうです。

座敷の席に通されると、掘りごたつになっていて座りやすかったです。畳ではなく、籐の床です。私はこの籐敷の古き良きスタイルが大好きです。駒形どぜうや桜鍋のみのやなどでもこの美しいスタイルをみることができます。

しばらくすると注文した親子丼が出てきました。とろりとした卵に包まれた味わいはさすがとしか言いようがない。ちょっと醤油薄目の甘目の味付けです。やはり名店玉ひでさんの味わいは他のお店で食べる親子丼よりはやはりワンランク違うと思いました。

 

行列が短ければまた行ってみたい名店です。でも、美味しいから行列ができる。美味しくなかったら行列はできないからそんなところにはあまり行きたくない。大ジレンマですね。

 

*1:1760年

人形町グルメ 人形町今半

言わずと知れた高級すき焼き、しゃぶしゃぶ屋さんです。その名前はすでに全国区ではないでしょうか。弁当や、精肉、惣菜の外販もやっています。

 

今半は、実は5つ、別々の経営の店があるのです。今半本店、今半別館、浅草今半、人形町今半、代々木今半です。もともとのルーツは同じらしいのですが、のれん分けを繰り返し、いまのような独立した経営になっているようです。

 

人形町今半の建物は、もともとお風呂屋だったところを使っているらしく、赤い塗壁の趣のある外装になっています。質素で堅実そうな歴史を感じます。中は、1階はテーブル席、2階はお座敷になっています。1階では鉄板焼きも食べられます。

 

愛想の良い仲居さんが作ってくれるすき焼きは、大判の肉で、とろけそうに柔らかく、期待を決して裏切らない美味しさです。上品に、あ~、食った~、という満足感が十分に味わえます。

 

そんな美味を支えるために、今半には3つのこだわりがあるようです。

 

肉のこだわり

特定の銘柄や特定の産地には限定していません。なぜなら、牛肉の品質はその血統、高度な飼育技術、そして何よりも畜産者の牛に対する情熱と愛情が大切だと考えているからです。牛肉のおいしさを決める要因の一つである脂肪には、『硬い脂肪』と『柔らかい脂肪』があります。『硬い脂肪』をもった牛は、サシ(霜降り)の見栄えがする為、一般的には好まれる傾向にありますが、 当社は見た目の美しさだけにとらわれるのではなく、とろけるような脂肪の柔らかさにこだわっています。

 

技術のこだわり

また、人形町今半には長年培われてきた技術を結集した精肉調理法があり、「食感」「美味しさ」「美しさ」を最大限に引き出しています。

 

衛生のこだわり

「安全な商品をご提供する事」です。 特に調理中の食品には大きな力を注いでおります。社内、外の厳しいチェックで肉眼では、見ることの出来ない「菌」に対して、
①持ち込まないこと ②増加させないこと ③除去すること の3ポイントを重点に置いた具体的な衛生対策を行い効果を計測しています。

 

夜は10,000~15,000円が相場ですが、昼のランチは2,000~3,000円と手軽な価格で食べられます。但し、昼も夜も予約がなかなか取れません。ふらっと入るわけにも行かないので、私も行きつけというわけではありません。しかし、私の住む浜町から徒歩圏内に人形町今半があるのは、とても誇らしいことだと思っています。

 

 

人形町グルメ 久助

お昼に、浜町から人形町交差点につながる甘酒横丁を歩いた時、どこからともなく焼鳥の香ばしい香りが漂ってきました。香りの元をたどっていくと、狭い間口の前に10人ぐらいのサラリーマンの列ができていました。私はその日はすでに他の店で昼食をとっていたので入りませんでしたが、行列のできる焼鳥屋、きっと美味しいに違いない、今度来てみようと思いました。これが久助さんとの運命の出会いです。

 

ランチは11:15から13:15まで。但し、食材が無くなくなったら終了です。メニューは焼鳥重だけ。ご飯の量が、少、普通、大から選べるのみ。たれの量が、何も言わなければ普通、多めにする注文もできます。これにとろろ昆布の味噌汁がつきます。価格はご飯の量に関わりなく一律で920円。ランチ時の回転をスムーズにするためという意味もあると思いますが、いかにも職人の店といった感じのシンプルなシステムになっています。事実、職人気質のおやじがひたすら串に刺した鶏を焼き続けます。ご飯をよそって焼けた鳥をご飯の上に並べるのは別のおにいちゃんです。

 

店の中はカウンターとお座敷。お座敷は仕切りもありません。昔、を感じさせてくれる間取りです。

 

ランチの焼鳥重を食べてすぐ感じたこと。それは、鳥が非常にジューシーだということです。ジューシーをうたった鶏料理は世間にあふれています。しかし、久助の焼鳥は私が食べた焼鳥の中で一番ジューシーで柔らかかったのです。席に備えてある七味唐辛子と山椒を少量振りかけると、味が引き締まり、さらに美味しく感じます。とろろ昆布の味噌汁も絶品。出汁が普通じゃないなあという感じです。

 

久助の夜は、メニューも豊富な小料理屋になります。刺身もあります。焼鳥は種類も豊富なのですが、レバー、はつ、砂肝など、歯ごたえのある部位も非常にジューシーです。ねぎま、皮、ぼんじり、ささみ、手羽先、なんでも普通の焼鳥に比べて柔らかく感じるのです。いったいどういう秘技があるのか、もちろん店のノウハウなのでしょうが、とても興味があります。とにかく普通の焼鳥とはまったく違うのです。

 

夜はお酒も入れてちょっとした金額になりますので、私はもっぱらランチに行っています。中盛、たれ多めが私の定番です。大げさに言うのではなく、毎日食べても飽きないぐらいです。焼鳥重を食べると必ず幸せな気分になります。日本で一番美味しい焼鳥屋に推薦しても良いと思っています。

 

浜町、人形町グルメ

浜町中の橋交差点の角に、ファミリーレストランサイゼリヤとガストがあります。清洲橋通り沿いにインド料理のシディーク、浜町公園前に同じくインド料理のガネーシャがあります。久松警察署前にカフェレストラン、ボンテがあります。そんなところでそうか、浜町で私がお世話になっているのは。

 

浜町はどちらかというとレジデンシャルエリア、隣接する人形町はコマーシャルエリアになっており、飲食店も人形町に集中しています。歩いて5分ぐらいですから、食事には人形町に歩いて出かけることが圧倒的に多いです。人形町は有名なグルメの町です。人形町でよくお世話になっているお店と言うと、以下のような感じになります。

 

やましょうーーー博多もつ鍋の名店。一年を通じてなかなか予約が取れないほどの盛況ぶりです。

人形町今半ーーー有名なすき焼きの名店。すき焼き、鉄板焼きが楽しめる他、肉や

惣菜の販売もしています。

人形町玉ひでーーー親子丼が有名な鶏屋さん。週末のランチ時には親子丼を求めて長い列ができます。

久助ーーー超美味しい焼き鳥屋さん。ランチは焼き鳥重だけを出していますが、行列ができるほどの人気店です。

丸正ーーー鮪料理と干物の店。鮪の脳天炙り焼き、鮪のカマ焼きなど、独自のメニューを出しており、お酒が進みます。

くらのあかりーーー牛タンと鮪の店。牛タンもさることながら、鮪料理も上物です。

ピーナツ食堂ーーータイ料理店カオマンガイ、トムヤムヌードルを食べます。

ワンチャンーーータイ料理店カオマンガイ、ガパオ、トムヤムヌードルを食べます。ピーナツ食堂に行くか、ワンチャンに行くかは気分で決めています。

 

カレーのココ一番、ケンタッキーフライドチキンマクドナルド、天丼のてんや、吉野家松屋バーミヤン、ラーメンいなせ、隆盛飯店、オリジン弁当、麺屋直久、ラーメン航なども利用させていただいています。

 

まだ行ったことはありませんが、俺のフレンチもできました。

 

もっともっとお店がありますので、もっともっといろいろ行ってみたいのですが、ついついどうしても無難なところに偏ってしまいますね。

 

入り口の前に三角柱の小さな標識だけを出している上品な料亭も多いのですが、高級感があり過ぎてなかなか入れません。一玄さんお断りの雰囲気と、お会計の金額が怖い。

 

ランチはリーズナブルな価格で美味しいものが食べられます。今日のランチはどこに行こうか、迷ってしまうのが楽しみです。

 

 

 

 

 

中央区総合スポーツセンター

公営とは思えないほど、とくかく清潔で、最新の設備を備えた区営のスポーツセンターです。浜町公園の中にあります。

 

施設名 場所 規模 用途等
主競技場
(メインアリーナ)
2階 床面積 1,320平方メートル(40メートル×33メートル)
高さ14.8メートル
3階観覧・選手控席(674席)
バスケットボール2面
バレーボール2面
バドミントン8面 等
第2競技場
(サブアリーナ)
地下2階 床面積 665平方メートル(35メートル×19メートル)
高さ 9.4メートル
バスケットボール1面
バレーボール1面
バドミントン4面 等
第1武道場 地下1階 畳数208畳 床面積 420平方メートル 柔道、合気道
第2武道場 地下1階 床面積 352平方メートル 剣道、空手道等
卓球場 地下1階 床面積 258平方メートル 
高さ 5メートル
卓球台 8台、リズム体操、拳法 等
小体育室 3階 床面積 189平方メートル 
高さ 8.5メートル
リズム体操、エアロビクス
卓球台 5台 等
第2小体育室 地下1階 床面積 160平方メートル 
高さ 5.3メートル
リズム体操、エアロビクス
卓球台 4台 等
エアライフル場 地下1階 8射立 口径5.5ミリメートル以下
(ビームは5射立まで)
エアライフル 8射
ビームライフル 5射
ビームピストル 3射
弓道 5階 6人立 28メートル -
アーチェリー場 5階 6的立 50メートル -
トレーニングルーム 1階 2256台+フリーウェイト リズム体操等のショートプログラム実施
(定員あり)
ゴルフ練習場 地下1階 15打席(バンカー1打席含む)
シミュレーションゴルフルーム
左打席対応1打席
ランニング走路 4階 1周 約150メートル 個人利用専用
第1会議室 4階 110平方メートル 48名まで 第1会議室と第2会議室は併用可
第2会議室 4階 52.4平方メートル 24名まで 第1会議室と第2会議室は併用可
第3会議室 3階 52.4平方メートル 24名まで -
第4会議室 地下1階 54平方メートル 24名まで -

 

温水プール関連施設
施設名 規模
一般プール 25メートル×18メートル 8コース(公認プール)
第1から第4コース:平常時水深1.4メートル(深)、安心チャレンジコース(第1コース)、回泳コース(第2から第4コース)
第5から第8コース:平常時水深1.1メートル(浅)、初心者コース(第5から第7コース)
歩行者コース(第8コース)
小プール 13メートル×5メートル
水深約0.8メートル
その他施設 採暖室、更衣室(男、女、身障者用)、便所等

 

その他施設
施設名 場所 規模・用途等
食堂(グリル) 1階 約80席(全席禁煙)
児童室 1階 幼児の利用は保護者同伴

 

私はほぼ毎日プールに行っています。地下2階にありますが、天井に丸い地上までの吹き抜けがあり、取り込まれる日光が水を明るく照らし、まるで外で泳いでいるかのような解放感が味わえます。

 

バンカーの練習もできるゴルフ練習場は、超ショートレンジですが、中央区周辺にはゴルフ練習場がありませんので、たいへんありがたい施設です。日ごろ腕前を磨くのにも、コンペの前に軽く調整するのにも適していると思います。

 

私は利用したことはありませんが、トレーニングルームも最新の機器を備えているようです。トレーニングルーム使用に当たっては、最初に講習を受ける必要があります。機器を安全に使用するためです。

 

プール、トレーニングルーム、ゴルフ練習場は午前7時から利用できます(その他施設は午前9時から)。出勤前に身体を動かしに来る人も多く、午後7時のプールは入場待ちの列ができるほどです。また、朝のプール組はトライアスロン選手が多く、それは日焼けの箇所でわかります。腕と足の甲が日焼けしている人たちはトライアスロン選手だと思って間違いありません。彼らは泳ぎが本格的で、こちらがゆっくり泳いでいると足を掻かれます。プールには、そんな本格的な遊泳コースのほか、初級者コースと歩行コースが設置されています。

 

私の自宅から歩いて5分のところにこんなに充実したスポーツ施設があるのは本当に幸運でした。思う存分活用させてもらおうと思います。

 

 

浜町の交通

さすがは東京のど真ん中。浜町で利用できる交通は非常に便利です。

 

地下鉄は、都営地下鉄新宿線浜町駅が利用できる他、至近の隣町日本橋人形町では、都営地下鉄浅草線人形町駅東京メトロ日比谷線人形町駅東京メトロ半蔵門線水天宮前駅が利用できます。

 

バスは、都営バス秋葉原葛西駅前路線、築地ー亀戸路線、中央区コミュニティーバス江戸バス北循環が利用できます。

 

また、これも至近の隣町、日本橋箱崎町にはTCAT(東京シティーターミナル)があり、リムジンバスが羽田空港まで25分、成田空港まで65分で結んでいます。TCATは以前は航空会社のカウンターが並びチェックインから出国手続きまでできたものですが、9.11米国同時多発テロを受けて空港外で乗客と荷物を切り離すシステムが廃止され、すっかり機能が衰退、いまやただのバスターミナルになっています。しかし、私は以前海外出張の多い仕事をしていましたので、箱崎の交通の便利さに惹かれて家探しをした結果、日本橋浜町の住居に落ち着いたという経緯がありました。

 

都内の各所に移動がしやすいとても公共交通に恵まれた浜町ですが、意外と近距離なのに行きづらいところもあります。東京駅です。東京駅には直結する路線が通っておらず、行くためにはタクシーか、都営地下鉄新宿線浜町駅から一駅新宿寄りに行った馬喰横山駅でJR総武快速線に乗り換えるか、東京メトロ半蔵門線水天宮前駅から一駅、三越前駅の常盤橋口から10分ほど歩くかしかありません。地下鉄を敷くのはたいへんでしょうから、浜町と東京駅を結ぶバスが開通してくれないかなあと思っています。

 

道路は、新大橋通りが東西に、清洲橋通り南北に走り、浜町中の橋交差点で交わっています。交通量はさほど多くないので、排ガス公害を感じることはありません。新大橋、清洲橋ともに浜町の東端を流れる隅田川に掛かる橋。眼下の隅田川には、川下り、川上りの水上バスが行き来しています。屋形船のような古風なボートから、近未来風のボートまで、さまざまな船を見ることができます。

 

中央区は地形が平たんで、徒歩や自転車で楽々移動することができます。私は以前は自転車を多用していましたが、いまは健康を考え歩くことが多くなっています。よく歩いていくのは、人形町日本橋、浅草橋です。天気の良い日に交通機関を使わずに歩くのはすごく気持ちが良いです。交通とは、人あるいは物が、ある地点から別の地点まで移動すること。徒歩も立派な交通ですね。

 

 

 

 

浜町緑道

浜町緑道は、浜町川を埋め立てた帯状の場所で、豊かな緑に覆われています。浜町は緑が多い、浜町には森があると言われるのは、この緑道があることが所以です。

 

位置としては、人形町通りから明治座へ抜ける甘酒横丁の途中。人形町と浜町を分けるように浜町緑道があります。

 

 新大橋通りからの入り口には、ちょっとアートっぽいコンクリート作りのアーチがあり、ツタが絡まっておしゃれな感じです。

 

現在暗渠となっている浜町川は、かつて現千代田区神田佐久間河岸神田川から分れ、清洲橋下流付近で隅田川と合流する水路でした。江戸時代に開削された、人工的な水路でした。元和元年(1615~23)に、現東日本橋3丁目付近まで掘り進められ、焼失する前の遊郭吉原を囲むような水路となり、物資輸送のための水運に利用されていました。およそ70年後の元禄4年には延長開削され竜閑川と合流、その90年後明治16年には神田川まで延長されました。 輸送の舟の往来で賑わい、長きにわたり開削が繰り返され人々の生活に大いに役立ってきた浜町川でしたが、昭和に入り、戦後の残土処理の廃棄場所として竜閑川とともに埋め立てられました。更に東京オリンピック、高度経済成長期の到来、都市開発などの流れで昭和40年代終盤までには残りの全てが埋め立てられ、浜町川は事実上姿を消しました。 現在、浜町川を埋めたその上にはビルや道路、民家、緑地などができ、足下がかつて水路であったということを知る人は少ないでしょう。
日本橋人形町と隅田川沿いの浜町公園の間にある浜町緑道もこの浜町川跡です。緑道という名のとおり、様々な木々が植えられ周辺住民や会社勤めの人々、人形町明治座に訪れた人々などが立ち寄り、人々がほっと一息つける憩の場となっています。木々にはその名称や簡単な説明が表示されており、それを眺めつつ、緑を見上げつつ、ゆったりぶらりと歩けば、都会にいながらここだけ時がゆっくり流れるように感じられます。
人形町商店街のサイトではおすすめの散歩コースの一つとして「浜町緑道コース」をあげています。

 

浜町緑道に植えられている植物には次のようなものがあります。

あ行)アオキ、アジサイ、オオシマサクラ、アオギリオオムラサキエゴノキイチョウ

か行)クヌギ、カクレミノ、クスノキケヤキ、カンツバキ、キンモクセイ

さ行)サルスベリ、サンゴジュ、ソメイヨシノ、シャリンバイ、シダレザクラ

た行)ドウダンツツジトチノキ

は行)ヒマラヤスギ、ボックスウッド、ポプラ、ハナミズキハマヒサカキ

ま行)マテバシイ、モッコク、メタセコイア

や行)ヤマブキ、ヤマモモ、ヤマモミジ

 

特に春は桜が咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。